2012年05月14日

木製枠つき壁掛け式化粧鏡 売り切れ

お買い上げありがとうございました

天然木の枠のついた、壁掛け式の鏡です。
12_013_01.jpg

周囲に暗色部分があるデザインですので、顔映りが引き立ちます。
12_013_02.jpg

比較的ずっしりしていますので、壁にお掛けになる際には充分に耐荷重のある金物をお使いください。
12_013_03.jpg

大きさ:およそ35cm×50.5cm×2.5cm

重さ:およそ2.3kg強

手入れ:石鹸で水洗い自然乾燥の上、木枠及び裏板紙やすりがけ+柿渋塗+荏油拭き上げ 裏板縁欠損部分を木工用接着剤+砥粉にて補修 鏡面エタノール拭き上げ 豆環取り付け直し 吊り紐顔料系塗料で一部染め直し

>>追加情報(傷みとその補修などについて)
posted by 黯ねこ at 18:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

アスバッハ・ウラルトブランディ用リカーディスペンサー 売り切れ

お買い上げありがとうございました

ドイツの著名ブランディ「アスバッハ・ウラルト」のために作られた、リカーディスペンサーです。
12_012_01.jpg
鋼製でがっしりした造りです。

「アスバッハ・ウラルト」はドイツ西部のラインラントで醸造される葡萄酒を原料に作られているブランディで、我が国にも昭和初期には既に輸入されていたそうです。
12_012_02.jpg

壜の栓を外し、附属の注ぎ口を取り付けてから、ディスペンサーの把手を持ってこのように傾けて注ぐ仕組みです。
12_012_03.jpg
実用品というよりは、寧ろ酒壜のディスプレイを主目的としたものだろうと思います。

大きさ:およそ12.5cm弱×16cm×38.5cm

重さ:本体およそ750g強 注ぎ口およそ25g強(風袋とも) 壜およそ1500g強(中身とも)

手入れ:石鹸で水洗い自然乾燥の上エタノール拭き 金属部分のみ刃物用錆止め油拭き上げ

>>追加情報(本体・注ぎ口・壜ラベルなどについて/傷みなどについて)
posted by 黯ねこ at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月04日

細字用竹軸ガラスペン 売り切れ

お買い上げありがとうございました

インクにガラス製の穂先を浸けて書く筆記具のデッドストック品です。
12_011_01.jpg

軸に貼り付けてあるラベルに「簿記・細字用」とあります。
12_011_02.jpg
おろしてありませんので、初めのうちは尖端が多少紙に引っ掛かると思います。目の細かいやすりでそーっと擦ってやると書きやすくなります。

ラベルには他に「特製 葵ガラスペン 製造元葵文具製造株式會社」と書かれています。
12_011_03.jpg
ラベルが多少破れているだけで、ペン先・軸ともとても良い状態です。

大きさ:およそ2cm弱×2cm弱×16cm

重さ:およそ5g強

手入れ:軽く水拭き

>>追加情報(ペン先について)
posted by 黯ねこ at 19:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

『日本文字の描き方』 売り切れ

お買い上げありがとうございました

商業グラフィックデザインの仕事がまだ総て手作業だった昭和30年代の、日本語レタリングの基礎について解説した本です。
12_010_01.jpg
著者の大谷四郎氏は西武百貨店宣伝部の嘱託デザイナーだったようです。

印刷に用いられる文字の概念から用具の用法、各書体の描き方のコツや割り付けなど、レタリングのことがひと通り学べるように構成されています。
12_010_02.jpg
最近は書体デザインをなさる方もいきなりコンピュータ上で始めてしまわれることが多くなっているようにも聞きますが、やはり描き文字のことは踏まえておかれる方がより好いのではないかしらん。

昭和34年初版、この本は37年の第5版です。結構売れたようですね。
12_010_03.jpg
著者紹介があるところが、昭和初期以前のこの手の本と違うところですねぇ。

大きさ:およそ15.5cm弱×21.5cm×1.5cm弱 扉+目次2ページ+本文138ページ+跋文2ページ+奥付+既刊案内

重さ:およそ400g弱

>>追加情報(内容について内容について
posted by 黯ねこ at 19:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月30日

ガラス製色分点眼棒 売り切れ

お買い上げありがとうございました

眼科の治療の際に、眼の中に軟膏をつけるために使うガラス製の棒です。
12_009_01.jpg

左右どちらの眼に使うかを間違えないように両端の色を変えてあります。
12_009_02.jpg
着色ガラス側が無色側よりも僅かに太くなっています。

攪拌用にも使えそうですね。青い色が特に綺麗です。
12_009_03.jpg
マドラーとしてもおしゃれ?

大きさ:およそ15cm弱×0.5cm弱×0.5cm弱

重さ:およそ5g

手入れ:石鹸で水洗い自然乾燥

>>追加情報(状態などについて)
posted by 黯ねこ at 19:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学医療器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

鳥の卵形ペーパーウェイト 売り切れ

お買い上げありがとうございました

小鳥の卵を象った、砂肌の鋳物です。
12_006_01.jpg
大きさの割にはずっしりしています。用途は多分紙押さえだろうと思います。

傷や錆などもなく、とても良い状態です。
12_006_02.jpg
既に取り壊されてしまった九段下ビルの最後の住人、画家の大西信之氏旧蔵品です。

真ん中辺りに波形の線がぐるりと一周していますが、恐らく卵が孵る時の亀裂を表しているのでしょう。
12_006_03.jpg
掌にすっぽり収まる、可愛らしいデザインです。

大きさ:およそ5.5cm×3.5cm弱××3.5cm弱

重さ:およそ250g

手入れ:石鹸で水洗い自然乾燥の上、刃物用錆止め油拭き上げ

>>追加情報(形状について/転がり防止策について)
posted by 黯ねこ at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

『中學校博物通論教科書』 売り切れ

お買い上げありがとうございました

旧制中学向けに編まれた、大正後期の生物学の教科書です。
12_005_01.jpg
表紙のねずみたちは、本文の遺伝について書かれたところで登場します。

版元の寶文館は『令女界』という若い女性向け雑誌などで知られているところですが、かなり広範囲のジャンルの出版物を手掛けていたようです。
12_005_02.jpg
著者の安東伊三次郎氏は生物や鉱物などの教科書を何冊も書いておられますが、少なくとも大正期には陸軍幼年学校の教官だった人物らしいです。

初版が大正10年でこの本は翌11年の訂正再版ですが、大正16年度(=昭和元年度)の臨時定価が印刷され、更に昭和3年度の臨時定価がゴム印表示されているところを見ると、実際には大正15年に作られて昭和3年に買い求められたものと思われます。
12_005_03.jpg
それにしても11年に26銭だったものが僅か5年ほど後には44銭に…随分急激に値上がりしていますね。やはり関東大震災の影響が大きいのでしょう。

紙質がとても良い所為か、古さの割にはかなり好い状態だと思います。

大きさ:およそ15cm×22cm強×0.5cm弱 扉+目次4ページ+本文66ページ+折り込み図版2枚(うち1枚は図版解説)+奥付

重さ:およそ120g

>>追加情報(本文について/傷みなどについて)
posted by 黯ねこ at 18:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

壁掛け式木製枠姿見 売り切れ

お買い上げありがとうございました

黒く塗装した木製枠のついた、シンプルなデザインの壁掛け式姿見です。
12_004_01.jpg

枠の幅は四辺とも3.5cm強あります。
12_004_02.jpg

裏面の当て板は硬質繊維板のようです。
12_004_03.jpg
だいぶ使用感がありますが充分実用的です。新品のぴかぴか過ぎがお好きでない方には却って好いかも知れませんね。

大きさ:およそ35cm強×1.5cm強×91cm

重さ:およそ3.3kg強

手入れ:分解石鹸で水洗い自然乾燥の上乾拭き 裏面当て板紙やすりがけの上木螺子留め 木部荏油拭き上げ

>>追加情報(吊り下げ金具について/傷みについて)
posted by 黯ねこ at 17:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 什器指物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

花弁形電笠つき卓上読書燈 売り切れ

お買い上げありがとうございました

花弁のような形をした厚紙製電笠つきのレトロ調デザインの卓上読書燈、新日本照明株式会社「ベルフラワー」BF-14GFです。
12_003_01.jpg

白熱球用調光式です。金属部分は古色仕上げの真鍮鍍金を施した鋼製、脚部は天然木製です。
12_003_02.jpg

笠の部分は蝶ナット固定式で、およそ90度の範囲で角度調整できます。
12_003_03.jpg
場所を取らない割には比較的背が高く、安定感のある形です。

大きさ:本体およそ19cm×16cm×45cm(電笠を最も下向きにした時) 電線およそ189cm

重さ:およそ900g弱

手入れ:電気掃除機がけの上水拭き

>>追加情報(調光スイッチについて/傷み等について)
posted by 黯ねこ at 17:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 照明器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

ユニカーブ定規 売り切れ

お買い上げありがとうございました

抛物線や等角螺旋などをひくのに使う、アクリル樹脂製曲線定規セット5枚組です。
12_002_01.jpg
インクエッジはありませんので、インクを用いてお使いになる場合には紙に接する面にゲタとして1円玉を貼り付けるなどの工夫が必要です。

通常の雲形定規などでは描きにくい曲線を引っ張るのに重宝します。
12_002_02.jpg
内側の孔の内径は1cmほどです。

デザイン関係の現場で20年ほども使われていたそうで、少々年期は入っていますがまだまだ使えます。
12_002_03.jpg

大きさ:No.1およそ30cm弱×5cm強×2mm弱 No.2およそ30cm弱×6cm弱×2mm弱 No.3およそ30cm×4cm×2mm弱 No.4およそ18cm×7cm×2mm弱 No.5およそ18cm×10.5cm×2mm弱
重さ:No.1およそ30g強 No.2およそ35g弱 No.3およそ22g弱 No.4およそ24g弱 No.5およそ24g
手入れ:石鹸で水洗い自然乾燥

>>追加情報(傷みについて)
posted by 黯ねこ at 21:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。