2015年02月12日

小型絵葉書用アルバムE 売り切れ

お買い上げありがとうございました

恐らく昭和初期以前のものと思われる、絵葉書用の小さなアルバムです。
12Feb15_P2122510.jpg

海原をゆく大型の帆船を図案化した、印象的な箔押しで表紙を飾っています。
12Feb15_P2122511.jpg

台紙は50丁、各葉それぞれ四つ角に切れ込みが3つづつ入っています。
12Feb15_P2122513.jpg
下の「大きさ」データをご覧になってもお判りのように、前掲のアルバムDよりも分厚く重たいのですが、それは台紙が極厚口だからなのです。

大きさ:およそ18.5cm強×13.5cm×4.0cm
重さ:およそ330g
手入れ:表紙水拭き・台紙折損箇所製本用糊で補修

表紙はかなり焼けて褪色してしまっています。背側を除く裏表紙の、目の醒めるような青が本来の色だったのでしょう。
12Feb15_P2122512.jpg
12Feb15_P2122514.jpg
12Feb15_P2122515.jpg
この青色地ならば、橙を基調とした色箔押しも更に映えたことでしょう。背は殊に焼けがひどく、褐変してしまっています。

台紙は先にも書いたように非常に厚く、しかし柔軟性があります。
12Feb15_P2122516.jpg
切れ込み部分に、絵葉書を挿していた痕跡としての波打ちがやや見られます。

裏見返しにラベルが2枚あります。アルバムDと同じく「1402」と打たれています。
12Feb15_P2122517.jpg
これだけ台紙厚が違って同じ型番というのも、何だか不思議な気もします。

表表紙の天に1箇所擦り切れがあります。また花巾にも少し破れがあります。
12Feb15_P2122518.jpg
背の天地もくたびれ気味です。

台紙の終いの2丁上角が折れて少し破れていましたので、製本用糊で補修してあります。
12Feb15_P2122527.jpg
posted by 黯ねこ at 16:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小型絵葉書用アルバムD 950円

恐らく昭和初期以前のものと思われる、絵葉書用の小さなアルバムです。
12Feb15_P2122519.jpg

クロス装の表紙に図案化された帆船が二艘洋上に浮かぶ風景が色箔押しされています。
12Feb15_P2122520.jpg
夕焼け空のような蜜柑色の背景にコバルトブルーの帆のシルエットが映えて、なかなか品のあるデザインです。

絵葉書の角を収める切れ込みが3本づつ入れられた特厚口の黒い台紙が50丁、縢り糸で綴られています。
12Feb15_P2122522.jpg
昔の絵葉書サイズ(14cm×9cm)用です。

大きさ:およそ19.0cm弱×13.5cm×3.5cm
重さ:およそ255g
手入れ:表紙水拭き

>>追加情報(台紙について/傷みについて)
posted by 黯ねこ at 15:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小型絵葉書用アルバムC 900円

恐らく昭和初期以前のものと思われる、絵葉書用の小さなアルバムです。
12Feb15_P2122498.jpg
だいぶ前から掲載しておりましたが、写真の色味が実物とだいぶ異なるので撮り直しました。

クロス装の表紙に図案化された草花が色箔で描かれています。
12Feb15_P2122499.jpg
花は一重咲きの菊の仲間のようですが、コスモスやヒャクニチソウ辺りとは葉っぱの形が随分違う感じですねぇ。

本文は絵葉書の四つ角を収める切れ込みが2本づつ入った特厚口の台紙を、太い綿糸で縢って綴じてあります。
12Feb15_P2122501.jpg
台紙は50丁、つまり最大100枚挿せるように造られています。但し昔の絵葉書サイズ(14cm×9cm)用ですので、現代のポストカードは切れ込みには収まりません。

大きさ:およそ18.5cm×13.5cm×3.5cm
重さ:およそ320g
手入れ:表紙水拭き・製本用糊で一部破損箇所補修

>>追加情報(傷みなどについて)
posted by 黯ねこ at 15:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

アスバッハ・ウラルトブランディ用リカーディスペンサー 売り切れ

お買い上げありがとうございました

ドイツの著名ブランディ「アスバッハ・ウラルト」のために作られた、リカーディスペンサーです。
12_012_01.jpg
鋼製でがっしりした造りです。

「アスバッハ・ウラルト」はドイツ西部のラインラントで醸造される葡萄酒を原料に作られているブランディで、我が国にも昭和初期には既に輸入されていたそうです。
12_012_02.jpg

壜の栓を外し、附属の注ぎ口を取り付けてから、ディスペンサーの把手を持ってこのように傾けて注ぐ仕組みです。
12_012_03.jpg
実用品というよりは、寧ろ酒壜のディスプレイを主目的としたものだろうと思います。

大きさ:およそ12.5cm弱×16cm×38.5cm

重さ:本体およそ750g強 注ぎ口およそ25g強(風袋とも) 壜およそ1500g強(中身とも)

手入れ:石鹸で水洗い自然乾燥の上エタノール拭き 金属部分のみ刃物用錆止め油拭き上げ

>>追加情報(本体・注ぎ口・壜ラベルなどについて/傷みなどについて)
posted by 黯ねこ at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月04日

細字用竹軸ガラスペン 売り切れ

お買い上げありがとうございました

インクにガラス製の穂先を浸けて書く筆記具のデッドストック品です。
12_011_01.jpg

軸に貼り付けてあるラベルに「簿記・細字用」とあります。
12_011_02.jpg
おろしてありませんので、初めのうちは尖端が多少紙に引っ掛かると思います。目の細かいやすりでそーっと擦ってやると書きやすくなります。

ラベルには他に「特製 葵ガラスペン 製造元葵文具製造株式會社」と書かれています。
12_011_03.jpg
ラベルが多少破れているだけで、ペン先・軸ともとても良い状態です。

大きさ:およそ2cm弱×2cm弱×16cm

重さ:およそ5g強

手入れ:軽く水拭き

>>追加情報(ペン先について)
posted by 黯ねこ at 19:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

小型絵葉書用アルバムB 売り切れ

お買い上げありがとうございました

恐らく昭和初期以前に作られたと思われる、絵葉書用の小さなアルバムです。
11_019a_l.jpg
箔押しされた満月に鈴蘭の柄がなかなか可愛らしいです。

2つ折りの極厚口の黒い台紙を糸でかがってあります。
11_019b_l.jpg

先日掲載したアルバムAには剥がし痕だけがあったラベルが裏見返しに綺麗に残っています。
11_019c_l.jpg
意匠や体裁からしても、同じところで作られたものなのでしょう。

大きさ:およそ18.5cm弱×13cm強×4cm強
重さ:およそ320g強
手入れ:表紙水拭き・製本用糊で一部破損箇所補修

>>追加情報(表紙等について/傷みについて)
posted by 黯ねこ at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

小型絵葉書用アルバムA 売り切れ

お買い上げありがとうございました

昭和初期以前の、絵葉書を収める小さめのアルバムです。
11_016a_l.jpg

表紙に箔押しされた、図案化したチューリップの柄が可愛らしいです。
11_016b_l.jpg

表紙は布装丸背上製で、台紙は50枚綴りです。
11_016c_l.jpg

大きさ:およそ18.5cm弱×13cm強×4.5cm
重さ:およそ320g強
手入れ:表紙水拭き・製本用糊で一部破損箇所補修

>>追加情報(台紙について/傷みについて)
posted by 黯ねこ at 18:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

地下の資源 鉱物・岩石標本 63種 5500円

地下資源63種を蒐めた、昭和40年代の教材用標本です。
11_015a_l.jpg

外箱や仕切りは厚手の板紙製で、粉末等の標本を除いては脱脂綿の上に直接収められています。
11_015b_l.jpg
蓋の裏側に「TOKYO」とあるだけで製造元は書かれていません。

紛失したり、収納場所が元のところと変わっていたりしているものはないようです。
11_015c_l.jpg

大きさ:およそ32cm弱×25cm×3cm強
重さ:およそ1.2kg弱
手入れ:外箱(蓋のみ内外とも)水拭き

>>追加情報(標本情報について/破損等について)
posted by 黯ねこ at 18:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

開閉式把手つき金属製円籠 売り切れ

お買い上げありがとうございました

太い針金を組み合わせて作られた、小振りの円い籠です。手提げ籠のような形をしています。
11_007a_l.jpg

上の把手を左右に開くと、口の廻りの8つの環っかも同時に開くという、ちょっと面白い仕掛けになっています。閉じると蓋代わりになって、倒しても中のものが転がり出にくくなります。把手上部には指が2本入りますので持ち運びもしやすいです。
11_007b_l.jpg

針金は鉄線ですので錆びが出ることがあるかと思いますが、早めに目の細かい紙やすりで軽くこすってやると綺麗になります。
11_007c_l.jpg

大きさ:およそ11cm×11cm×17cm(把手を閉じた時)
重さ:およそ120g
手入れ:石鹸で水洗い自然乾燥の上錆止め油拭き上げ
posted by 黯ねこ at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

焼杉製花台 2200円

末広がりに低い脚のついた、焼杉板製の花台です。そんなに新しいものではないだろうと思います。
11_003a_l.jpg

余計な飾りのない、シンプルで安定感のある形です。天板が微妙に反っていますが、がたつきはほとんどありません。
11_003b_l.jpg

虫喰い跡や、ご使用に障るような大きな割れ・欠けなどは表裏とも認められません。
11_003c_l.jpg

大きさ:およそ18cm弱×37.5cm強×3cm
重さ:およそ250g
手入れ:石鹸で水洗い自然乾燥紙やすりがけの上荏油拭き込み

>>追加情報(傷などについて)
posted by 黯ねこ at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

樹脂封入押し花壁掛け飾りB 売り切れ

お買い上げありがとうございました

昭和後期頃の、アクリル樹脂で押し花を封入した壁掛け飾りです。Aと同じ時期のものでしょう。
10_018a_l.jpg

1.5cm厚ほどの透明樹脂、押し花を封入した0.3cmくらいの黄褐色の透明樹脂、同じくらいの厚さの白い不透明樹脂の3層構造になっています。
10_018b_l.jpg
樹脂痩せや割れなどは認められません。

裏側の上の方には紙ラベルで貼り付けられた掛け紐、下の方の角に剥がれたラベルの糊残りがあります。
10_018c_l.jpg

大きさ:およそ25cm弱×7cm弱×2cm強
重さ:およそ440g
手入れ:石鹸で水洗い自然乾燥

>>追加情報(裏面の掛け紐・ラベルについて)
posted by 黯ねこ at 18:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

樹脂封入押し花壁掛け飾りA 売り切れ

お買い上げありがとうございました

昭和後期頃の、アクリル樹脂で押し花を封入した壁掛け飾りです。
10_017a_l.jpg

分厚い透明樹脂の下に黄褐色を帯びた樹脂が挟み込まれていて、そこに押し花が封入されていますが、劣化によるものか元々こういう色なのかは判りません。
10_017b_l.jpg
古い標本みたいで寧ろ好い感じに店主には思えますが…この辺りはお好みが分かれるところでしょう。少なくとも樹脂痩せが起きたりはしていないようです。

裏側には白い樹脂が合わせられていて、上の方には掛け紐が貼り付けられています。
10_017c_l.jpg
裏面の下の方には、ラベルが剥がれた跡の糊残りがありますが、洗っても落ちませんでした。

大きさ:およそ25cm弱×7cm弱×2cm強
重さ:およそ440g
手入れ:石鹸で水洗い自然乾燥

>>追加情報(裏面の掛け紐・ラベルについて)
posted by 黯ねこ at 18:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

真鍮製大型ハンガー 売り切れ

お買い上げありがとうございました

かなり大振りの、アンティーク調仕上げを施された真鍮製ハンガーです。
10_012a_l.jpg

肉厚の非常にがっしりした造りで、変形なども認められません。表面はさらさらして結構好い手触りです。
10_012b_l.jpg

かなりの重量もありますし、柔軟性は全くありませんから、一般のご家庭よりはお店などでのディスプレイ用に向くのではないかと思います。
10_012c_l.jpg

大きさ:およそ43cm強×22cm弱×1.5cm弱
重さ:およそ400g強
手入れ:水拭き

>>追加情報(仕上げについて)
posted by 黯ねこ at 17:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

鉄製支持台つき葡萄文ガラス製ワインディスペンサー(?) 売り切れ

お買い上げありがとうございました

房の下がる葡萄の蔓をモティーフにした、鉄の支持台つきのガラス器です。
10_009a_l.jpg

意匠と構造からすると、恐らくワインの類いを入れ、中の筒には氷を入れて冷やしつつ、下の口の金具にグラスを圧し当てて注ぎ分ける、という趣向の酒器かと思います。
10_009b_l.jpg

中の筒と蓋はいずれも(何故か)プラスティック製で、ただ載せるだけの造りですので密閉性は全くありません。ここが店主には一番惜しいところです。
10_009c_l.jpg
容量は量ってみていないため不明ですが、大きさからしてそんなにたくさんは入らないでしょう。家庭での実用品というよりは、人目を惹くデザインですので、寧ろ飲食店などの装飾品として好適かと思います。

大きさ:容器本体およそ14cm×13cm×35.5cm弱(蓋をした状態で) 支持台およそ22.5cm弱×18.5cm強×36.5cm 容器据え付け時高さおよそ50cm強
重さ:容器本体およそ440g強(内筒・蓋とも) 支持台およそ830g
手入れ:容器本体食器用石鹸で水洗い食器乾燥機乾燥の上乾拭き 支持台石鹸で水洗い自然乾燥の上錆止め油拭き上げ

>>追加情報(支持台について/瑕・錆びについて)
posted by 黯ねこ at 15:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑貨その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

ガラス製片手碗皿 350円

胴と糸底周りに2本線の入った、シンプルなデザインのガラス製の碗皿です。
10_005a_l.jpg

割と厚手ですがガラスの透明度が高く、涼しげな印象を与えてくれます。
10_005b_l.jpg

ところどころに細かい瑕はありますが、ご使用に支障のあるようなひび・欠けなどは認められません。
10_005c_l.jpg

大きさ:碗およそ11cm×9.5cm弱×5cm 皿およそ13.5cm×13.5cm×2cm弱
重さ:碗およそ135g 皿およそ140g
手入れ:食器用石鹸でお湯洗い食器乾燥機乾燥

>>追加情報(底面の刻印について)
posted by 黯ねこ at 14:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

キリンビール中ジョッキ 850円

キリンビールが1996年に「キリンラガービール開き DO!ジョッキ」と銘打って頒布したらしい、ガラス製の中ジョッキのデッドストック品です。
10_004a_l.jpg

外箱に書かれているところによると、当時のTV宣伝にも使われていたもののようです。容量は420mlと表示されています。
10_004b_l.jpg

外箱裏側にはビールの注ぎ方が図解されています。目立った傷や曇りも見当たらず、大変良い状態です。
10_004c_l.jpg

大きさ:本体およそ11.5cm弱×8cm弱×14cm 外箱およそ11cm×8cm×14cm強
重さ:本体およそ490g強 外箱およそ30g弱
手入れ:本体重曹で水洗い食器用石鹸でお湯洗いの上食器乾燥機乾燥 外箱水拭き

>>追加情報(本体のロゴ刻印について)
posted by 黯ねこ at 19:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

木製漆塗り円形茶托 650円

肉厚の、塗りの木製茶托です。生地は轆轤で削り出し成形したものかと思います。
10_002a.jpg

黒に、内側中央の凹み部分の朱が利いています。段差は僅かですから、ご家庭や気軽な席での銘々皿としても使えそうです。厚みの割に軽くて使い勝手が好いと思います。
10_002b.jpg

底面には「一」の字の銘が入っています…ありゃ、逆さまに撮ってしまいましたねこれ。
<10_002c.jpg

大きさ:およそ9.5cm強×9.5cm強×2.5cm弱

重さ:およそ30g

手入れ:食器用石鹸でお湯洗い食器乾燥機乾燥

posted by 黯ねこ at 16:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

磁器製ホタル焼き中国茶急須 売り切れ

お買い上げありがとうございました

極く一般的な、普段遣いできる磁器製の中国茶用ポットです。
10_001a.jpg

押し潰した球形のような形の「玲瓏」(所謂「ホタル焼き」)の急須で、注ぎ口は水切れの良いような形に作られています。全体に青い植物文と連続模様の絵付けが施されています。
10_001b.jpg

全体的に概ね綺麗で、ひびや欠けなども認められません。蓋には外れ留めがついていませんので、注ぐ時には手を当てないと転げ落ちます。
10_001c.jpg

大きさ:およそ18cm×10.5cm×11.5cm

重さ:およそ340g

手入れ:食器用石鹸でお湯洗い食器乾燥機乾燥

>>追加情報(汚れ等について/内部の造りについて)
posted by 黯ねこ at 21:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

竹製水切り笊 売り切れ

お買い上げありがとうございました

伝統的な手法で作られた、細く削った竹を編んだやや古い円形の水切り笊です。恐らく国産品だと思いますが、確証はありません。
09_018a.jpg

目立った破損や汚れなどもなく、全体的に良い状態だと思います。叮嚀に編み込まれた目が美しい模様を描いています。
09_018b.jpg

やや大きめですが、何しろ軽くて丈夫です。ご使用後にきちんと洗って乾かし、黴が生えたりしないようにしていただければ、これからも長いこと活躍してくれそうです。
09_018c.jpg

大きさ:およそ28cm×28cm×10cm

重さ:およそ100g弱

手入れ:食器用石鹸で水洗い自然乾燥

posted by 黯ねこ at 18:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

白菜形取り鉢 売り切れ

お買い上げありがとうございました

白菜を象った、持ち手つきの陶器製取り鉢です。
09_016a.jpg

呑水のようにもお使いになれますし、玉杓子を置くのにもお誂え向きの形で、鍋物の季節には特に活躍しそうな器です。只、白菜の茎を表現している細い溝が割と深いため、お召し上がりの後に食器が乾いてしまうまで抛っておかれる習慣のある方には不向きだろうと思います。杓子置きの場合は予め少し水を入れておいた方が、汚れがこびりつき難いかも知れません。
09_016b.jpg

水滴のような形の糸底は指がかけ易く、手に馴染みます。全体に滑らかな釉薬がかかっていますので、擦り洗いすれば綺麗にはなります。
09_016c.jpg

大きさ:およそ16.5cm強×11.5cm強×4cm強

重さ:およそ240g弱

手入れ:食器用磨き粉で水洗い食器乾燥機乾燥・糸底のみ紙やすりがけ

posted by 黯ねこ at 18:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。