2006年05月31日

ガラス製10cc緑偏芯注射筒 売り切れ

お買い上げありがとうございました

060033a.jpg

古いガラス製の注射筒です。針の取付け口が端っこに附いています。

060033b.jpg

使用感があります。細かな傷や黒っぽい汚れが認められます。

060033c.jpg

このように目盛りが陰刻になっているものはあまり見かけられなくなりました。ラムネ壜のような緑色ですね。

大きさ:およそ2.5×2.5×12cm強

重さ:およそ30g

手入れ:せっけんでお湯洗い自然乾燥



posted by 黯ねこ at 10:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学医療器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

ガラス製八角蓋つき豆白角薬瓶 売り切れ

お買い上げありがとうございました

060030a.jpg

歯科医院などでよく用いられた、薬品を入れる小さなガラス製角壜です。

060030b.jpg

その小ささをお解りいただくため、ボールペンを並べてみました。蓋は上部が八角形になっていてちょっと洒落ています。

060030c.jpg

小さくて透明度のある壜ですので、カラーインクや香水などを入れたり、ビーズ玉などを仕舞っておくのに使うのも好いかも知れません。

大きさ:2×2×5.5cm強

重さ:およそ40g

手入れ:せっけんでお湯洗い自然乾燥

posted by 黯ねこ at 04:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学医療器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガラス製20cc白偏芯注射筒未使用品 売り切れ

お買い上げありがとうございました

050012a.jpg

ガラス製の注射筒のデッドストックです。

050012b.jpg

紙箱入りですが、蓋はありません。注射筒自体の状態は大変良いですが、経年の汚れが幾分認められます。

050012c.jpg

外箱の紙焼け具合からすると、昭和中期頃のものではないかと思われます。

大きさ:注射筒およそ3×2.5×15.5cm 外箱およそ4.5×17.5×3.5cm

重さ:およそ80g(外箱とも)

手入れ:外箱は重曹液で布拭き 注射筒はせっけんでお湯洗い自然乾燥


posted by 黯ねこ at 03:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学医療器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガラス製小型標本壜 売り切れ

お買い上げありがとうございました

060029a.jpg

型吹きガラス製の古い標本壜です。漢方薬の一種である「枳実(カラタチの実)」のラベルが貼られていますが、このラベル自体はそれほど古くはなさそうです。

060029b.jpg

底の部分にポンテ痕があります。蓋の把手も括って作られています。

060029c.jpg

状態は非常に良いと思います。但し、口の内側がやや歪んでいるらしく、蓋の据わりが何となくイマイチな感じです。

大きさ:およそ8×8×24cm

重さ:およそ440g

手入れ:せっけんでお湯洗い自然乾燥の上乾拭き

posted by 黯ねこ at 02:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学医療器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

携帯用試料保存管3本組 売り切れ

お買い上げありがとうございました

060028a.jpg

恐らく検査試料を持ち運ぶための容器セットです。

060028b.jpg

ゴム栓つきのやや薄手のガラス製保存管3本を収めた軟質プラスティックケースです。黒いケースの在庫もございます。

060028c.jpg

ケースには多少の汚れがあり、またスナップ部分にやや錆が出ています。資料保存管のゴム栓は活きてはいますが、少々汚れがあります。

野外での標本採集などにもお使いになれるかと思います。ただしあくまでガラス管ですので、破損については充分なご注意が必要です。

大きさ:ケースおよそ8×12×2cm(試料保存管格納時) 資料保存管およそ2×2×11cm(閉栓時)

重さ:およそ70g

手入れ:ケースは重曹液で布拭き 資料保存管は栓ともせっけんでお湯洗い自然乾燥

posted by 黯ねこ at 02:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学医療器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木製ビーカー立て6本用 売り切れ

お買い上げありがとうございました

060027a.jpg

ビーカー・試薬瓶などを立てるのに使ったと思われる、古い木製壜立てです。この手のものは数が少なく、余り目にする機会がないと思います。

060027b.jpg

底板の裏側に、元々の所有者か販売店のものと思われるゴム印が捺してあります。こぼれた薬品らしき染みが一部にありますが、状態は非常に良いと思います。丈夫に作られており、がたつきは全くありません。

060027c.jpg

試しに別売りの秤量壜を入れてみましたがこれがぴったりでした♪その他にも、工夫次第で用途が拡がりそうな一品です。

大きさ:およそ6×35.5×6.5cm

重さ:150g強

手入れ:重曹液で布拭き

posted by 黯ねこ at 02:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学医療器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木製試験管立て24本用 売り切れ

お買い上げありがとうございました

060026a.jpg

試験管がなんと12本×2列も入る、大型の古い木製試験管立てです。

060026b.jpg

底板に二本割れがありますが、使用には支障ありません。頑丈に作られており、がたつきはありません。

060026c.jpg

試しに手持ちの試験管を立ててみましたが、これだけ並ぶと流石に壮観ですね。

大きさ:およそ7×37.5×11cm

重さ:およそ250g

手入れ:重曹液で布拭き




posted by 黯ねこ at 01:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学医療器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

謎ラベル?付揮発性試薬保存壜 売り切れ

お買い上げありがとうございました

060018a.jpg

揮発性の液体を保存しておくための、昭和中期頃の古い形のガラス製試薬壜です。

060018b.jpg

現在でも同じ用途のガラス壜は作られていますが、このような円い蓋が附いたものではありません。この蓋だけでも6×6×8cm・100gほどもある大きめの容器です。

060018c.jpg

変色した紙ラベルには、印刷で「日本薬局方」手書きで「ゼ舎」と書かれています…「ゼ舎」って一体…???

壜の口の中に差し込む注ぎ口の磨りガラス部分が少しだけ欠けています。

大きさ:およそ7.5×7.5×23cm

重さ:およそ450g

手入れ:せっけんでお湯洗い自然乾燥

posted by 黯ねこ at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学医療器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

黄色鶴首ガラス壜 売り切れ

お買い上げありがとうございました

060014a.jpg

眼科医院でかつて患者の眼を洗うのに使われていた、ガラス製の潅注壜です。綺麗な黄色をしています。

060014b.jpg

液だれせず、ピンポイントで水が注げるように注ぎ口の形が鶴首になっています。頚の長い口を親指で押さえると水の流れを停めることができます。
060014c.jpg

底は円錐形に凹んでいて、安定して置けるようになっています。注ぎ口が細く、折れ易いので注意です。

大きさ:およそ12×7.5×11cm

重さ:およそ30g

手入れ:せっけん及び水溶き紙でお湯洗い自然乾燥の上布拭き


posted by 黯ねこ at 09:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学医療器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

水銀柱血圧計廃品 売り切れ

お買い上げありがとうございました

060005a.jpg

最近はすっかり見かけなくなった、水銀柱を用いた血圧計の廃品です。

060005b.jpg

水銀柱の目盛りのところが特によい雰囲気です。圧迫帯に繋がっていたゴム管は劣化して固まっていたため取り除いてあります。

060005c.jpg

箱の外側もよいデザインです。いいトコ取りでオブジェの素材などに。ただし水銀柱を割らないように気を付けましょう。

大きさ:およそ11×37.5×7.5cm

重さ:およそ840g

手入れ:重曹液で布拭き(圧迫帯やゴム管を包んでいるガーゼは洗っていません…古っぽい臭いがします)

>>追加情報
posted by 黯ねこ at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学医療器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

十二指腸消息子セット 売り切れ

お買い上げありがとうございました

060004a.jpg

消化器系の検査用具です。

060004b.jpg

状態はよいですが、使用感があります。

060004c.jpg
注射筒や木箱など、いいトコ取りで素材にお使いください。

大きさ:およそ11×18.5×4cm

重さ:およそ270g

手入れ:注射筒は食器用せっけんでお湯洗い自然乾燥/その他は重曹液で布拭き
posted by 黯ねこ at 21:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学医療器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気胸器廃品 売り切れ

お買い上げありがとうございました

060003a.jpg

昭和30年代頃に造られた、呼吸器系医療器具の廃品です。中の左右のガラス容器は滑車で上がり下がりするようになっています。木箱の蓋は失われています。


060003b.jpg

附属のゴム管は手前の1本を除いてすべて劣化して固まってしまっています。真ん中のガラス管の附いたダイアルは動きません。また、ゴム管の先に附いていた鋭利な長い針は切り飛ばしてあります。

オブジェなどの素材としてお使いください。

大きさ:およそ27.5×43.5×16.5cm

重さ:およそ2.4kg

手入れ:一部分解の上、重曹液で布拭き
posted by 黯ねこ at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学医療器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。