2011年11月22日

宝飾品用携帯ケース 900円

ネックレスを収納するための、撥ね上げ蓋式の頑丈なハードケースです。厚紙製の外箱が附いています。
11_010a_l.jpg

箱の内側は黒いビロード張りで、共布の覆いが附いています。蓋の外側は蒲団張りになっていて少しふかふかします。
11_010b_l.jpg

覆い布の下には、奥側に2箇所ネックレスの鎖を引っ掛けて固定するための爪が取り付けられた、蒲団張りの台紙が嵌め込まれています。
11_010c_l.jpg

なかなかシックなデザインのケースだと思います。小さなアート作品を仕込むのにも良さそうですね。

大きさ:本体およそ9.5cm弱×7cm弱×3.5cm 外箱およそ9.5cm×8cm弱×4cm弱
重さ:本体およそ330g 外箱およそ90g
手入れ:本体・外箱共乾拭き

>>追加情報(台紙・本体について/傷について/蓋留め金・製作地について)
posted by 黯ねこ at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 箱容器類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月30日

ガラス製大型保存壜 3750円

透明なガラスでできた、大きめの保存壜です。蓋と胴の口のところが磨りガラスになっていますので、ある程度の密栓ができます。
11_009a_l.jpg

口の有効内径はおよそ12.5cmです。胴内部の底面から頚の付け根まではおよそ21cmあります。蓋の内側の高さは6cmほどです。
11_009b_l.jpg

果実酒の保存に使われていたようです。安定感のある形です。
11_009c_l.jpg

大きさ:およそ30cm×20cm×20cm(蓋を閉めた時)
重さ:およそ2.3kg強
手入れ:食器用石鹸及び重曹で水洗い自然乾燥

>>追加情報(破損状態等について)
posted by 黯ねこ at 19:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 箱容器類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

ガラス製立方体水槽 売り切れ

お買い上げありがとうございました

さいころのような可愛い形の、小振りのガラス製水槽です。
10_008a_l.jpg

ガラスの透明度が高く、滑らかで艶のある仕上げで、また割と肉厚でしっかりした造りです。
10_008b_l.jpg

小さな水棲の動植物を入れて観察するのに好さそうですね。
10_008c_l.jpg

大きさ:およそ15cm強×15cm強×15.5cm弱
重さ:およそ1.4kg弱
手入れ:石鹸及び重曹で水洗いの上乾拭き

>>追加情報(汚れについて/ガラスの厚さについて)
posted by 黯ねこ at 12:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 箱容器類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

寸胴形蓋つき琺瑯引きカン 売り切れ

お買い上げありがとうございました

鮮やかな青色の琺瑯を被せた、蓋つきの鉄製罐です。糠漬けなどに使われていたものでしょうか。
09_015a.jpg

肉厚で頑丈な造りの容器です。その分重みもあります。蓋は載っているだけですので、密封せねばならないものの保存には向きません。胴の内部有効寸法は直径およそ26cm強、深さおよそ27cmです。
09_015b.jpg

全体に小さい錆び傷やくすみが見られますが、古いものにしてはまぁまぁの状態ではないかと思います。強度的には全く問題ありません。内部にも錆止め油を塗ってありますので、一度洗ってからお使いください。
09_015c.jpg

大きさ:およそ31.5cm強×29.5cm強×32.5cm強

重さ:およそ2.2kg強

手入れ:食器用石鹸で水洗い自然乾燥の上、刃物用錆止め油拭き上げ

>>追加情報(錆び傷について)
posted by 黯ねこ at 16:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 箱容器類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

把手つき倹飩蓋小型桐箱 売り切れ

お買い上げありがとうございました

金属製の把手がついた、蓋が上に引き上げる形の小振りの桐箱です。
09_012a.jpg

函は三枚組み接ぎで、竹釘で固定されています。元は陶器か人形辺りを収めていたものではないかと思います。緩み・がたつきもなくしっかりしています。
09_012b.jpg

外装は当たり傷や節抜け孔、虫喰いと思われる凹みなどがあるものの、全体的に綺麗です。
09_012c.jpg

大きさ:およそ16cm弱×16.5cm弱×16.5cm

重さ:およそ300g強

手入れ:石鹸で水洗い自然乾燥の上、荏油拭き上げ

>>追加情報(内部の状態等について)
posted by 黯ねこ at 17:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 箱容器類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

木製布貼り小型鞄 売り切れ

お買い上げありがとうございました

軽くて手頃な大きさの、手に提げて持ち運ぶ四角い木製鞄です。
09_004a.jpg

外装・内装共に表面はカンヴァス地のような布貼りになっており、外側はやや光沢のある暗褐色の塗料、内側はマットな黒い塗料で仕上げられているようです。把手を本体に留めている金具は函内部で折り曲げられた釘で固定されていて、その脚の上から内側の布が貼りつけられています。
09_004b.jpg

蝶番に当たる部分にはこれも塗装された布地が鋲でがっちり接ぎ合わされており、開閉には全く問題がありません。持手と反対の面には金属製の脚がついています。函側の角には革と思しき素材がこれも鋲でしっかり留められていて頑丈な造りになっています。
09_004c.jpg

大きさ:およそ41cm×29.5cm×14.5cm強

重さ:およそ1.2kg強

手入れ:重曹で水拭き・一部金具がたつき直し

>>追加情報(金具・布貼りの破損等について)
posted by 黯ねこ at 17:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 箱容器類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

菖蒲文グラス 売り切れ

お買い上げありがとうございました

恐らく昭和中期頃の、菖蒲の花をあしらった細身のグラスです。
08_153a.jpg

すらりと伸びた茎や葉は陰刻されており、花弁のところは磨りガラスになっています。
08_153b.jpg

細かい傷やくすみがない訳ではありませんが、比較的綺麗だと思います。
08_153c.jpg

大きさ:およそ5.5cm×5.5cm×10cm強

重さ:およそ100g弱

手入れ:食器用石鹸で水洗い食器乾燥機乾燥


posted by 黯ねこ at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 箱容器類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

青ガラス捲き透明グラス 売り切れ

お買い上げありがとうございました

美しい青色のガラスをくるりと捲きつけた、やや厚手のグラスです。
08_152a.jpg

側面は太い斜め縞模様になっています。ほとんど使われていないらしく、大変良い状態です。
08_152b.jpg

底面の中央にポンテ痕があります。ガラスが熱い内に成形したものらしく、底の方はやや歪みがありますが、がたつきなどはなく安定した形です。
08_152c.jpg

大きさ:およそ7cm強×7cm強×7.5cm弱

重さ:およそ150g弱

手入れ:食器用石鹸で水洗い食器乾燥機乾燥


posted by 黯ねこ at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 箱容器類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

広口透明グラス 売り切れ

お買い上げありがとうございました

表面に柔らかな凹凸模様を施した、広口の透明なグラスです。
08_151a.jpg

ほとんど使われていないらしく、傷などもなく大変良い状態です。
08_151b.jpg

底面は側面に較べてだいぶ厚く作られています。かろやかで涼しげな意匠ですが、形は安定感があります。
08_151c.jpg

大きさ:およそ8cm強×8cm強×6.5cm

重さ:およそ130g弱

手入れ:食器用石鹸で水洗い食器乾燥機乾燥


>>追加情報
posted by 黯ねこ at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 箱容器類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

ガラス製水薬壜(大) 900円

昔、病院で水薬を処方する時に使われた、目盛りつきのガラス壜です。
08_149a.jpg

傷・汚れなどもなく、大変良い状態です。残念ながら蓋は残っていません。口は螺子が切ってあります。
08_149b.jpg

古い壜ですので、肉厚にむらがあり、また気泡が入っています。
08_149c.jpg

大きさ:およそ6.5cm×5cm×14.5cm

重さ:およそ160g

手入れ:石鹸でお湯洗い自然乾燥


posted by 黯ねこ at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 箱容器類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

幾何学文ガラス製一輪挿し 5600円

昭和後期頃の、全面に細かな幾何学模様を刻み込んだガラス製の一輪挿しです。
08_134a.jpg

傷・ひびなども見当たらず大変良い状態です。光がカット面に反射して綺麗です。
08_134b.jpg

底面は結構厚手に作られていてずっしりしており、細長い形の割には安定感があります。
08_134c.jpg

大きさ;およそ6.5cm×6.5cm×23cm

重さ:およそ620g

手入れ:水洗い自然乾燥


posted by 黯ねこ at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 箱容器類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

百合の花形ガラス製一輪挿し 売り切れ

お買い上げありがとうございました

百合の花を象った、変わった形のガラス製一輪挿しです。
08_133a.jpg

通常の花瓶と異なり、横倒しに置くように作られています。花の頚のところが細長く横に延びており、ここに水を容れるようになっています。
08_133b.jpg

欠け・ひびなどもなく綺麗です。小さな野の花を何本か挿したり、くたびれて来た花束から抜いた一輪を入れても良いかと思います。
08_133c.jpg

大きさ:およそ17.5cm×10.5cm強×7.5cm

重さ:およそ180g

手入れ:石鹸でお湯洗い自然乾燥


posted by 黯ねこ at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 箱容器類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

棚板つき倹飩蓋木箱 売り切れ

お買い上げありがとうございました

昭和中期以前の、固定式棚板が1枚入った木製の箱です。蓋は倹飩になっています。
08_128a.jpg

全体にかなり煤けていますが、元々の用途ははっきりしません。台所の簡易な戸棚のような使われ方をしていたものでしょうか。向かって右側に何か印刷された紙が貼り付けられていた形跡がありますが、ほとんど崩れてしまっているため良く判りません。
08_128b.jpg

1cm厚の板が使われており、大きな割れや釘の緩みなどもなくしっかりしています。極端に重たいものでなければ、物置台としてもお使いになれるかと思います。
08_128c.jpg

大きさ:およそ57cm強×37.5cm弱×34.5cm

重さ:およそ4.16Kg

手入れ:水洗い自然乾燥


posted by 黯ねこ at 15:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 箱容器類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

木製ゴム印箱 1600円

恐らく昭和中期頃の、ゴム印を容れる為の木製の箱です。
08_124a.jpg

中の仕切りは組み換えができます。但し、仕切り板の幅の種類は限られていますので、自ずと制約はあります。この写真の組み方は店主がてきとーに入れただけで、元々どのように入っていたのかは判りませんが、一部かなりきついところと緩いところとがあります。底板には相当量のインクが染み込んでいて、水拭きすると際限なく染み出して来ますので、適当なところでやめてあります。吸い取り紙など1枚敷いてからお使いになった方が良いかも知れません。
08_124b.jpg

かなり長年使われていたらしく、小さな傷はたくさんついていますが、割れ・欠けなどはなく概ね良い状態だと思います。
08_124c.jpg

大きさ:およそ30cm×20.5cm×8.5cm弱

重さ:およそ880g(仕切り板とも)

手入れ:水拭き


posted by 黯ねこ at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 箱容器類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

漆塗り大型箸箱 売り切れ

お買い上げありがとうございました

元々は恐らく夫婦箸を容れる為に作られた、塗りの大きな木製箸箱です。
08_119a.jpg

表側は底面を除き特徴ある模様の仕上げになっており、内箱の内側は臙脂色に塗られています。内箱の奥の方には最も高いところで5mmぐらいの仕切りがついています。内箱内法はおよそ4cm弱×24cm×1cmです。外箱上面は僅かに中心の高い円みがついています。
08_119b.jpg

外箱は底面のみ、内箱は外側全体が黒く塗られています。外箱の内側は口からおよそ1.5cmまでしか塗られていません。特に目立つような傷や塗りの剥げなどもなく、大変良い状態だと思います。抜き差しも滑らかです。
08_119c.jpg

大きさ:およそ5.5cm弱×26.5cm弱×2.5cm強

重さ:およそ140g

手入れ:食器用石鹸で水洗い自然乾燥の上乾拭き


>>追加情報(内箱押し出しの仕掛けについて)
posted by 黯ねこ at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 箱容器類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

金属製熱帯魚文花瓶 1250円

深緑地に熱帯魚の姿を浮き彫りにした、昭和中期〜後期頃の金属製の花瓶です。
08_117a.jpg

材質はアルミニウムだろうと思います。図柄を線刻してから塗装をかけたのではないかと思われますが、正確なところは分かりません。内部は黒い色で塗装されているようです。
08_117b.jpg

口の部分が内外ともに少々腐蝕してくすんでいます。また、底面の塗装が少々剥げています。目立つ傷などは見当たりません。
08_117c.jpg

大きさ:およそ12cm×12cm×18cm

重さ:およそ540g

手入れ:石鹸でお湯洗い自然乾燥


posted by 黯ねこ at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 箱容器類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

桐製組接ぎ衣裳盆 2750円

桐材を組接ぎして拵えられたシンプルな衣裳盆です。蓋はありません。
08_115a.jpg

側板は長辺の片側が二枚組接ぎ、もう一方が包み打付け接ぎになっています。底板も片側は決まり込み打付けになっています。釘は多分卯木製です。
08_115b.jpg

呉服店で使われていたものですので、引き摺り傷や堅いものをぶつけた痕などがありますが、状態は良いと思います。接ぎの緩みなどもなくしっかりしています。
08_115c.jpg

大きさ:およそ37.5cm強×89.5cm弱×5cm弱

重さ:およそ1.1Kg弱

手入れ:水拭き


posted by 黯ねこ at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 箱容器類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

アコーディオン用ハードケース 売り切れ

お買い上げありがとうございました

アコーディオンを格納する為の、丈夫な運搬用ケースです。
08_114a.jpg

内部に何も傷や凹みがないところからすると、使われたことはないようです。但し、外装の金具の大半が腐蝕しています。状態から見て、強度の問題はないと思います。
08_114b.jpg

大きさの割には軽いので、オブジェなどの運搬・展示にも向くかと思います。今回は意図的に錆を落とさずに仕上げをしてありますが、ご希望により錆落としも可能な範囲でいたします。
08_114c.jpg

大きさ:およそ51.5cm×24.5cm×43cm

重さ:およそ2.38Kg

手入れ:外装乾拭き 金具部分のみ刃物用油拭き


>>追加情報(金属部分の腐蝕等について)
posted by 黯ねこ at 22:02 | Comment(4) | TrackBack(0) | 箱容器類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

ガラス製青色長頚花瓶 売り切れ

お買い上げありがとうございました

鮮やかな青色と、細長く引き伸ばされた形が印象的な吹きガラスの花瓶です。昭和後期頃のものです。
08_111a.jpg

頂部は唇のようなぼってりとした形をしており、一方に傾けて造られています。細かい気泡が認められます。
08_111b.jpg

基部は気泡による模様がつけられており、底面は中央が半球形に削り取られていて、その周辺の平らな部分は擦り加工が施されています。底面の一部にやや汚れのこびりつきがあります。
08_111c.jpg

大きさ:およそ7cm弱×7cm弱×26.5cm強

重さ:およそ400g

手入れ:石鹸でお湯洗い自然乾燥の上乾拭き


posted by 黯ねこ at 21:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 箱容器類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

額つき小型飾りケース 売り切れ

お買い上げありがとうございました

蓋が葉書大の額になっている、小さめのプラスティック製飾りケースです。恐らく、元々は指輪やイヤリングなどの小さな装身具や鍵などをしまっておくためのものとして作られたのではないかと思います。
08_103a.jpg

箱側にはL字吊り金具が3つづつ2段に取り付けられています。奥に張られている赤い部分はフェルト加工された薄い布を貼り付けた紙のようです。蓋側の額には内側にガラスが嵌まっています。外装は木目が印刷されていますが、額の飾り枠部分はその凹凸もつけられていて、一見木製らしく上手い具合に出来ています。
08_103b.jpg

箱の裏側には引っ掛け孔が2つ開いていて、壁に取り付けられるようになっています。
08_103c.jpg

大きさ:およそ14.5cm弱×21.5cm弱×5cm

重さ:およそ460g

手入れ:磁石取り付け直し・電気掃除機掛けの上水拭き・乾拭き


>>追加情報(磁石等について/内部有効寸法等について)
posted by 黯ねこ at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 箱容器類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。