2011年01月01日

600P型カラー電話機 売り切れ

お買い上げありがとうございました

1980年代前半の、綺麗なコーラルピンク色の600P型プッシュ式電話機です。
11_002a_l.jpg

最近のやたら軽い電話機と違って重たい分、安定感があります。
11_002b_l.jpg

発信・受信は良好ですが、受話音に通話には支障がない程度に僅かな唸り音が入ります。電鈴は軽やかな音で、音量調節が可能です。
11_002c_l.jpg

大きさ:本体およそ21cm×22cm×12cm弱 送受話器側ケーブル長およそ37.5cm(カール収縮時) 回線側ケーブル長およそ152cm(端子函含む)+185cm(モデュラプラグ除く)
重さ:およそ1.9kg強
手入れ:分解の上筐体及びケーブル・端子函重曹で水拭き、内部掃除機掛け及び重曹で水拭き、送話・受話部分カバー・電話番号記入用紙用カバー食器用石鹸で水洗い自然乾燥、モデュラプラグつき延長ケーブル接続

>>追加情報(型式について/瑕等について/延長ケーブルについて)
posted by 黯ねこ at 20:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機械時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

600型黒電話機B 売り切れ

お買い上げありがとうございました

1960年代後半の日立製作所製600型黒電話機です。IP回線ならばモデュラジャックに繋いですぐにお使いになれます。
11_001a_l.jpg

本体と送受話器とを繋ぐ配線がストレートケーブルです。カールケーブルでない分、本体からより離れて通話することはできますね。
11_001b_l.jpg

発信・受信・通話音質は良好です。電鈴も軽やかな音ですが、機構上音量調節はできません。
11_001c_l.jpg

大きさ:本体およそ22.5cm×22cm×12.5cm(送受話器据え付け時) 送受話器側ケーブル長およそ113cm 回線側ケーブル長およそ151cm(端子函含む)+171cm(モデュラプラグ除く)
重さ:およそ2kg弱
手入れ:分解の上筐体及びケーブル・端子函重曹で水拭き、内部掃除機掛け及び重曹で水拭き、送話・受話部分カバー・電話番号記入用紙用カバー及び廻転盤食器用石鹸で水洗い自然乾燥、モデュラプラグつき延長ケーブル接続

>>追加情報(型式について/瑕等について/延長ケーブルについて)
posted by 黯ねこ at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機械時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

小型腕時計文字盤C 400円

恐らく昭和中期頃の、小さな腕時計用文字盤のデッドストック品です。
09_011a.jpg

黒地に金色の数字の、やや古風な書体が利いている洒落た意匠です。数字表示は1時間おきで、6時の位置に秒針用の小さな文字盤がついています。服部セイコーの製品のようです。
09_011b.jpg

裏面も表面同様黒色ですが、一部に錆びが浮いています。腐蝕が内部まで進んでいませんので磨けば落ちるでしょうが、黒い地も剥げてしまうおそれはあります。5時と10時半の辺りに時計本体に固定するための突起がついています。
09_011c.jpg

大きさ:およそ2cm弱×2cm弱×3mm

重さ:およそ2g

手入れ:石鹸で軽く水洗いの上、乾布押さえにより水気切り

>>追加情報(文字盤表面の状態について)
posted by 黯ねこ at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機械時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

小型腕時計文字盤B 売り切れ

お買い上げありがとうございました

恐らく昭和中期頃の、小さな腕時計用文字盤のデッドストック品です。
09_010a.jpg

数字表示は1時間おきで、6時の位置に小さな秒針用の文字盤があり、そこにも細かな目盛りが刻まれています。
09_010b.jpg

裏面は大きい方の孔を中心に同心円状の刻みがありますが、これは恐らく意匠などではなく、加工時についた条痕のようなものでしょう。全面が黒いですが、これが元々の色なのかどうかは判りません。11時と4時半との部分裏側に時計本体へ取り付けるための突起が出ています。
09_010c.jpg

大きさ:およそ2cm×2cm×3mm

重さ:およそ3g

手入れ:石鹸で軽く水洗いの上、乾布押さえにより水気切り

>>追加情報(文字盤表面の状態について)
posted by 黯ねこ at 19:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機械時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

小型腕時計文字盤A 350円

恐らく昭和中期頃の、小さな腕時計用文字盤のデッドストック品です。
09_009a_l.jpg

数字表示は2時間おきで、6時の位置に秒針用の小さな文字盤がついた形です。服部セイコーの製品のようです。中央部の4分割された円の意匠が特徴です。
09_009b_l.jpg

裏面には時計本体に固定するための突起が4時と11時の辺りについています。一部が黒く変色していますが、腐蝕が内部まで進んでいませんので磨けば落ちるかと思います。
09_009c_l.jpg

大きさ:およそ2cm弱×2cm弱×1mm強〜3mm

重さ:およそ2g

手入れ:石鹸で軽く水洗いの上、乾布押さえにより水気切り

>>追加情報(文字盤表面の状態について)
posted by 黯ねこ at 14:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機械時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

600型黒電話機A 売り切れ

お買い上げありがとうございました

よくある形の、黒い筐体の自動式アナログ電話機です。
09_006a.jpg

着信すると明るい音色の鈴が鳴ります。全体に細かい傷は多いですが、カールコードなどの被覆も含め大きな傷みはなく、ダイアルも軽快に廻ります。
09_006b.jpg

線の先端にモデュラプラグを取り付け、IP回線ならばすぐにお使いになれるように加工してあります。実際に通話してみましたが、特に支障があるような雑音もなく、充分実用的です。
09_006c.jpg

大きさ:およそ22cm×25cm×12cm 線長およそ2.7m弱

重さ:およそ2kg

手入れ:本体及び送受話器分解掃除機がけ・ダイアル廻転盤及び送受話器カバー石鹸でお湯洗い自然乾燥・筐体、送受話器外装及び線被覆洗剤拭き

>>追加情報(傷等について/モデュラジャックへの接続部分について)
posted by 黯ねこ at 16:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 機械時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

折り畳み式水晶発振小型置き時計 売り切れ

お買い上げありがとうございました

服部セイコーの平成初期モデルの置き時計の未使用品です。電子音の目覚まし機能がついています。
08_100a.jpg

環状の脚が折り畳めるように出来ています。携帯用の布製の袋がついているのは、旅行などに持って行くことを想定しているのでしょうか。
08_100b.jpg

「電池つき」と説明書にありますが、恐らく電圧はだいぶ下がってしまっていると思います。LR-44型のアルカリボタン電池です。動作確認はしていませんが、壊れてはいないと思います。外箱の一部に焼け・破れがあります。
08_100c.jpg
取り扱い説明書のほかに保証書も入っていますが、購入日が書き込まれている為、既に無効です。

大きさ:本体およそ8.5cm弱×8.5cm弱×8cm(時計部分を垂直に立てた時)、外箱およそ11.5cm強×12cm×4cm弱

重さ:本体およそ180g、外箱およそ90g弱(附属品一式含む)


posted by 黯ねこ at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機械時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

業務用電動大型コーヒーミル 売り切れ

お買い上げありがとうございました

かつて喫茶店などで使われていたと思われる、業務用の大きな電動カット式珈琲豆挽きの機械です。
08_091a.jpg

挽きの細かさを調節する機構が壊れていて超粗挽きしか出来ませんでしたが、専門家の方に修理調整していただいてちゃんと使えるようになりました(都内にあった製造業者はだいぶ前に廃業されています)。お買い上げいただいた方には、万一の際に修理していただける可能性のある業者の方をご紹介いたします。
08_091b.jpg

大きな電動機が入っていて、かなり重たいです。なるべく安定の良い場所に置いてお使いになることをお奨めいたします。
08_091c.jpg

大きさ:本体およそ28.5cm×18.5cm×60cm(ホッパ及び蓋装着時)、ホッパおよそ17cm×17cm×20cm、蓋およそ17cm×17cm×10cm、粉受けカンおよそ12cm×32.5cm×18cm弱

重さ:本体およそ14.5Kg、粉受け容器およそ0.5Kg

手入れ:挽き目調整部分解清掃調整・ノックピン交換・ホッパ及び蓋並びに粉受けカンのみ食器用石鹸でお湯洗い食器乾燥機乾燥・外装水拭き


>>追加情報(実際に豆を挽いて珈琲を点ててみました/粉受けカンについて)
posted by 黯ねこ at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機械時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

熱帯魚水槽形飾り時計 売り切れ

お買い上げありがとうございました

熱帯魚の泳ぐ水槽をモティーフにした、真鍮製の筐体の小さなインテリア置き時計です。意匠から察するに中国のものかしらん、とも思いますが、確証はありません。
08_070a.jpg

金属の腐蝕の具合などからすると昭和中期以前のものかと思っておりますが、はっきりはしません。鐘形のガラスケースは傷なども見当たらず、とても良い状態です。真鍮は全体にくすんでおり、また特に内部に何箇所か錆びて少し膨れているところがあります。下の時計機構部分は開けてみていませんので、傷み具合などは不明です。
08_070b.jpg

底面裏側には撥條を捲く把手と調速器・時刻合わせの抓みがついています。いずれも作動するようですし、捲き上げると動きますが、実用に堪える精度が出るかどうかは判りません。布貼りの厚紙製外箱がついていますが、これは元々のものではないと思います。
08_070c.jpg

大きさ:本体およそ9.5cm×8cm×13.5cm強、外箱およそ9cm強×9cm強×14cm強

重さ:本体およそ480g、外箱およそ160g

手入れ:枠・ガラスケース及び腰板分解取り外しの上水拭き・一部変形修正・ガラス部分のみ水拭きの上乾拭き


>>追加情報(ガラスケース内時刻表示部分について)
posted by 黯ねこ at 12:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機械時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

4号A型黒電話機 売り切れ

お買い上げありがとうございました

1970年製のダイヤル式の黒い卓上電話機です。
08_005a.jpg

丁寧に使われていたのか、状態はとても良いです。
08_005b.jpg

但し底板だけはかなり傷があります。4号A型です。
08_005c.jpg

線の先にモデュラプラグが取り付けられていますので、IP回線ならば壁のモデュラジャックに挿し込んで、直ぐにお使いになれます。
08_005d.jpg

posted by 黯ねこ at 14:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機械時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

船舶用気圧計 売り切れ

お買い上げありがとうございました

050004a.jpg

船舶に備え付けるための古いアネロイド式気圧計です。デザインが素敵。旧単位であるミリバールとミリ水銀柱の2つの目盛りがついています。

050004b.jpg

針が折れ曲がった跡があります。動作はするようですが、気圧計の数値が正確かどうかは不明です。少なくとも温度計の方はまともです。手前の真鍮の枠を外すと前面ガラスが取り外せるようになっています(裏面のねじは外してはいけません)。

大きさ:およそ19×19×5.5cm

重さ:およそ840g

手入れ:一部分解の上、重曹液で布拭き
posted by 黯ねこ at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(1) | 機械時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。