2008年01月26日

ガラス製滴壜 1000円

鳥の頭のような形の栓のついた、恐らく昭和中期頃の容量30mlのガラス製の滴壜です。中身の液体を少量出せるように作られています。
08_026a.jpg

栓を回転させて、壜の頚の付け根部分にある羽のような出っ張りに合わせた時にだけ中身が出ます。ソース注ぎ壜と同じ仕組みですね。
08_026b.jpg

胴部分に小さな気泡が幾つも入っています。栓の状態はとても良いのですが、壜の内側の肩のところに1箇所ひびが入っています(写真2枚目の注ぎ口の真下の曲線のところ)。但し傷は外側までは貫通していないようです。
08_026c.jpg

大きさ:およそ3.5cm×3.5cm×12cm

重さ:およそ60g

手入れ:石鹸でお湯洗い自然乾燥


posted by 黯ねこ at 16:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学医療器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント(店主承認後に表示されます)
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。