2008年01月24日

「大正女子動物教科書」 売り切れ

お買い上げありがとうございました

高等女子学校や女子師範学校博物科用の、大正15年訂正版の動物学の教科書です。
08_024a.jpg

図版はかなり豊富で、多色刷りのところもあります。かなり詳細なところまで描き込んだ美しい銅版画です。
08_024b.jpg

内容は鳥獣の類いから寄生虫やアメーバに至るまで、かなり広範に亙って扱われています。おおまかな生物分類により、その代表的な例を挙げてその特徴を簡略に説明すると共に、その生き物が人間にとって有益か有害か、と云う見方で捉えています。08_024c.jpg

巻末には動物の解剖や昆虫の標本作製・生態観察、更に害虫駆除法についての説明があります。
08_024d.jpg

大きさ:四六判144ページ+折り込み図版2枚

重さ:およそ250g


背の布が一部破れていますが、製本自体はしっかりしています。表紙と本文1ページ目に所蔵印が捺されています。折り込み図版(附録の解剖図)の内の1枚は糊が剥がれて外れてしまっています。極く一部に鉛筆による書き込みがあります。また、附録の1ページ目に森永製菓の菓子の包み紙(箔紙)が挟み込んであって、これが劣化して本文紙にくっついてしまっています。
08_024e.jpg

posted by 黯ねこ at 14:05 | Comment(0) | TrackBack(1) | 書籍雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント(店主承認後に表示されます)
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/80373438
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

眼の誕生――カンブリア紀大進化の謎を解く
Excerpt: 結論とそれに至る証拠や推論は支持するが、文がただ長い、くどい。個人的な事柄がちりばめられ、事実を小出しにしては場面を変え、思わせぶりな記述も多く、まるでドラマの台本や推理小説を読むようだ。残念なことに..
Weblog: 生物がいっぱい
Tracked: 2008-02-12 22:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。