2014年05月16日

辻克己編著『現代圖案カット大集成』浩文社刊昭和11年7版 売り切れ

お買い上げありがとうございました

昨日掲載したのと同じ、デザイナー辻克己氏による昭和初期頃の図案カットを集めた本です。
14May14_Q0140662.jpg

表紙は2色の色箔押しを使った豪華な装釘です。
14May14_Q0140663.jpg
残念ながら、こちらも外函は失われています。

初版発行から3年弱経った昭和11年4月15日7版です。
14May14_Q0140664.jpg
私見ではこの版が、最も出回っている数が多いように思います。

大きさ:およそ26×19.5強×3.5cm
重さ:およそ1070g
手入れ:外装のみエタノール拭き上げ 一部カラーページのノド部分製本用糊にて補修
再版(左)ではミシン目に沿って綺麗に切り取られきちんと真っ直ぐに貼られていた検印紙が、この版(右)では端はちぎれているはひん曲がって貼り付けられているは…
16May14_Q0160718.jpg
よっぽど急かされていたのでしょうか。

裏見返しには札幌の狸小路にあったらしい「北星堂書店」のラベルが貼られています。これもなかなか素敵なデザインですね。
16May14_Q0160724.jpg
この古本屋さんはどうやら現在はなさそうです。札幌古書籍商組合さまで昨年刊行されている『札幌古書組合八十年史』など繙けば、何らかの情報は拾えるかも知れませんが…。

この本には、扉・本文などにも旧蔵者の印は捺されていません。
14May14_Q0140665.jpg

内容は勿論、昨日ご紹介した本と同じです。
16May14_Q0160719.jpg
こんな略画の描き方が載っていたり。
16May14_Q0160720.jpg
ユーモラスなイラストも色々。
14May14_Q0140670.jpg
「カット」とは標榜しつつも、結構大きな絵もあります。
14May14_Q0140671.jpg
14May14_Q0140672.jpg
今から80年ばかり前の「現代」が垣間見られます。

そうそう、昨日の再版本では失われていたカラーページ1枚も、この本にはちゃんとありますよ☆
15May14_Q0150674.jpg
引っぺがして飾りたくなる心情になるのも解らなくはない、なかなか綺麗なイラストです。

全体に紙焼けや染みなどがありますが、殊に人物篇・動物篇・機械科學篇の下端の方に汚れが目立ちます。
14May14_Q0140666.jpg
14May14_Q0140667.jpg
14May14_Q0140668.jpg
14May14_Q0140669.jpg
恐らくデザイン制作現場のようなところで、画材で汚れたままの手で盛んに捲っておられたのでしょう。

それでもカヴァーはかけておられたと見えて、見返しの糊痕が各2箇所ある側は焼けが少なくなっています。
16May14_Q0160725.jpg
16May14_Q0160726.jpg
ただ、よく観ると地側や小口側がやっぱり焼けているのが、ちょっと不思議ではありますが…。

カヴァーがかかっていたのではないか、と考えるのは、表紙がかなり綺麗な状態であるのもおおきな理由です。
16May14_Q0160722.jpg
件の再版の方のように、背がバリバリになったり亀裂が走ったりもしていません。
16May14_Q0160723.jpg
ご覧の通り、ヒラもつやつやしています。

天はやはり茶色に染め付けられています。
14May14_Q0150715.jpg
何か固いものがぶつかったとみえて、真ん中辺りがちょこっと凹んでいます。
posted by 黯ねこ at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント(店主承認後に表示されます)
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/397162836
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。