2011年12月20日

『改正増補物理小學』卷之一 800円

明治期に広く使われていた、イギリスの物理学者B.Stewart博士の著書『Physics』邦訳教科書3冊組の第1巻明治15年再版です。
11_018a_l.jpg
残念ながら題簽は失われています。「士氏」というのは勿論「Stewart氏」のこと。恐らく中国語読み由来なのでしょうが、「士都華」氏と宛て字されていたようです…こりゃちょっと読めませんね、現代人には(笑)。

「凡例」と題された巻頭序文に邦訳の事情などが書かれています。
11_018b_l.jpg
初版が出たのは明治11年のようです。

巻末には奥付がありません。恐らく、第3巻にはあるのだろうと思います。
11_018c_l.jpg目次は全巻分が載っています。明治時代の分冊ものにはこういう形式のものが時々見られます。

大きさ:およそ23cm×15cm×1cm強 序文1丁+目次6丁+本文54丁
重さ:およそ120g弱

本文紙の紙質が非常に良く、文字も挿し絵も鮮明に印刷されています。
11_018d_l.jpg

腰がある和紙で、皺や汚れも殆ど見られません。
11_018e_l.jpg
表表紙側に開き癖がついてはいるものの、書き込みなども全くなく、あんまり使われていた感じがしません。1つ前に掲載した植物生理学の教科書とは見事に対照的です(笑)。

版元出版物の広告が挟まっているのは結構珍しいのではないかしらん。向こうが透けて見えるほどの薄い和紙なのですが、幸か不幸か?これも実に綺麗に保存されています。
11_018f_l.jpg版元の牧野善兵衛には、『百工器械新書』のように「清風閣和泉屋善兵衛」名義の出版物もあるようです。

それにしても、明治の小学校の水準の高さにはいつも驚かされます。
11_018g_l.jpg
これは指で上を塞いだガラス管で水銀を昇らせて大気圧を測っている図。

表紙が幾分煤け、背の花布がちょっと捲れ上がってはいるものの、表紙の紙も綴じも実にしっかりしています。
11_018h_l.jpg
posted by 黯ねこ at 18:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント(店主承認後に表示されます)
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。