2011年12月06日

地下の資源 鉱物・岩石標本 63種 5500円

地下資源63種を蒐めた、昭和40年代の教材用標本です。
11_015a_l.jpg

外箱や仕切りは厚手の板紙製で、粉末等の標本を除いては脱脂綿の上に直接収められています。
11_015b_l.jpg
蓋の裏側に「TOKYO」とあるだけで製造元は書かれていません。

紛失したり、収納場所が元のところと変わっていたりしているものはないようです。
11_015c_l.jpg

大きさ:およそ32cm弱×25cm×3cm強
重さ:およそ1.2kg弱
手入れ:外箱(蓋のみ内外とも)水拭き

蓋の裏側には「鉱物・岩石・化石・標本」と題して、各標本の分類・英名・日本名・用途・産地が記されています。
11_015d_l.jpg
蛍石とボーキサイトを除く61種総てが国産というのは、今日日なかなか貴重ではないかしらん。

残念ながら無煙炭は砕けてしまっていましたので、ざっと掻き集めてプラスティック袋に入れました。
11_015e_l.jpg
但し、仕切り紙や恐らく下に敷いてあったであろう脱脂綿がアルカリでやられたらしくぼろぼろになっていて、白っぽい粉がだいぶ混ざってしまっています。目の細かいふるいにかければ大方取り除けるだろうとは思います。蓋のその部分も染みになっています。

無煙炭以外の部分の仕切りも一部多少劣化しているところはあるものの、だいたい問題ないようです。蓋と箱とを留めていた粘着テープが中途半端にくっついています。
11_015f_l.jpg
複数の小片になっている標本が本来の状態と違うのかどうかは判りません。標本番号を示す数字の記された小さな丸い紙は一部喪われているようです。よく探すと脱脂綿の下などに紛れているのかも知れません。

箱の底側にも無煙炭の染みがありますが、指で触れると幾分膨れてざらざらしているのが感じられるものの、抜けてしまいそうなほどの劣化はしていないようです。
11_015g_l.jpg
書き込みから、1973年に贈られたものであることが判ります。
posted by 黯ねこ at 18:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント(店主承認後に表示されます)
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/239031113
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。