2011年11月30日

鋼製錘鉛 500円

鉛直を出したり水深を測ったりするのに使う、円錐を反対向きに2つくっつけた形の重りです。
11_014a_l.jpg

口金の孔に糸を通して捩じ込み、垂鉛叉などから吊して使います。
11_014b_l.jpg

本体は鋼に鍍金したものと思われます。口金は真鍮製です。
11_014c_l.jpg
かなり長年使い込まれているようです。

大きさ:およそ8cm弱×4.5cm×4.5cm
重さ:およそ400g弱
手入れ:石鹸で水洗い自然乾燥の上錆止め油拭き

本体上面には比較的大きな鍍金の剥げがあります。
11_014d_l.jpg
腐蝕は進行していないようです。

全面に亙って細かい瑕が無数にあります。下部の尖端が僅かに欠けているように見えなくもありませんが、これが元々の形なのかどうかは判りません。
11_014e_l.jpg
通常のご使用には支障はないかと思います。

口金の糸を通す孔の大きさは2mm弱といったところでしょうか。
11_014f_l.jpg
着脱は滑らかで、嵌めた時のがたつきや弛みもないようです。
posted by 黯ねこ at 15:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント(店主承認後に表示されます)
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。