2011年01月01日

600P型カラー電話機 売り切れ

お買い上げありがとうございました

1980年代前半の、綺麗なコーラルピンク色の600P型プッシュ式電話機です。
11_002a_l.jpg

最近のやたら軽い電話機と違って重たい分、安定感があります。
11_002b_l.jpg

発信・受信は良好ですが、受話音に通話には支障がない程度に僅かな唸り音が入ります。電鈴は軽やかな音で、音量調節が可能です。
11_002c_l.jpg

大きさ:本体およそ21cm×22cm×12cm弱 送受話器側ケーブル長およそ37.5cm(カール収縮時) 回線側ケーブル長およそ152cm(端子函含む)+185cm(モデュラプラグ除く)
重さ:およそ1.9kg強
手入れ:分解の上筐体及びケーブル・端子函重曹で水拭き、内部掃除機掛け及び重曹で水拭き、送話・受話部分カバー・電話番号記入用紙用カバー食器用石鹸で水洗い自然乾燥、モデュラプラグつき延長ケーブル接続

底面には型式番号「600-P」、色(コーラル)を表す「(C)」、製造年月「82.5」が紙ラベルに記されています。その後の「T」は製造社名を表す記号なのかも知れませんがはっきりしません。内部の金属部品には東芝の商標が刻印されているものがあります。
11_002d_l.jpg

全体的に細かい瑕があります。汚れは比較的少ないように思えます。
11_002e_l.jpg

文字盤脇など何箇所かに僅かに縒れたような跡がありますが、これは製造時についたものか後で受けたダメージなのかは判りません。ボタンは幾分経年変色している気もします。
11_002f_l.jpg

送受話器の持ち手と受話器との境目辺りに目立つ瑕があります。強度的な問題はないと思います。
11_002g_l.jpg

ケーブルには幾分の汚れこびりつきと一部に曲がり癖がついているものの、被覆の破れなどはありません。モデュラプラグつき延長ケーブルは4芯のものを使っていますが、接続されているのは中心の2本(赤・緑)だけです。
11_001g_l.jpg
posted by 黯ねこ at 20:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機械時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント(店主承認後に表示されます)
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。