2010年12月05日

底面着脱式18cmデコレーションケーキ焼き型 1050円

側面のレバーを緩めると底が外せる、家庭用のKAISER社製鋼製円形ケーキ焼き型です。統一ドイツが実現した1990年10月よりも前の西ドイツ製品です。
10_010a_l.jpg

外面には油脂の染みや立ち上がり上部の変形が見られますが、底面を締めつけるレバーの緩みや、お菓子に接する内面の被覆剥げ・著しい汚れのこびりつきや変形などは認められません。まず問題なくお使いいただけるのではないかと思います。
10_010b_l.jpg

店主も勤め人だった昔、初ボーナスで買った電気コンヴェクションオヴンでスフレチーズケーキなどを時々焼いていた折に、これのもう少し大きい径の焼き型を愛用していました。底と立ち上がりとが分解できる上に、表面が焦げ付き防止加工されていますので、焼き上がったお菓子が外しやすく、またご使用後のお手入れも楽ちんなのです。
10_010c_l.jpg

大きさ:およそ18.5cm×18cm強×6.5cm
重さ:およそ190g強
手入れ:食器用石鹸で水洗い食器乾燥機乾燥

表示上は「18cm 7"」となっていますが、実測内径は上面でおよそ16.5cm強、底面でおよそ16cm弱です。レバーを起こして反対側に押し付けるように倒すと、上面内径が最大18cm弱まで拡がります。
10_010d_l.jpg
焼き菓子作りにお使いになる時には、内面に溶かしバターを万遍なく塗ってから生地を流し込まれると焼き上がりが離型しやすく、またその香りもついて好い感じになりますが、緩めの生地の場合や、「樹脂加工面と直にお菓子が触れるのは気になる」とおっしゃる方にはパラフィン紙等の併用をお薦めいたします。

なお、同じ製造元が出している現行品の通販サイトでの口コミを覧ると「樹脂加工が剥がれてお菓子にくっついてしまった」というようなコメントもあるようですが、店主が数十回使った経験ではそんなことは一度もありませんでした…。

昔の製品とは焦げ付き防止加工が異なるのか、それともご使用環境が違うからなのかは判断つきかねますが、少なくともここに掲載した品物の使い込まれ具合を見る限りでは、通常の使い方であればそんな酷いことにはならないのではないかと考えております。
posted by 黯ねこ at 18:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント(店主承認後に表示されます)
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。