2009年12月01日

組み立て式パラボラ型集音器 売り切れ

お買い上げありがとうございました

昭和50年代頃の、野外で特定の音を録音する時などにマイクロフォンに取り付けて使うためのソニー製音響器材です。
09_014a.jpg

お椀型の中央部分から突き出ているところに、マイクロフォンを向こう向きに挟み込んで使います。挟む部分の有効内径はおよそ15mmほどありますので、最近の小さいIC録音機ならば取付けできるのではないでしょうか。
09_014b.jpg

附属品として、録音時に手で持つための滑り留めつき把手と、床置き用の脚、それから吊り下げ用の帯、そして収納用の専用布製鞄があります。剥がしたラベルの糊残りや全体に亙る細かい傷などはありますが、亀裂や割れなどもなくご使用には全く問題ないかと思います。本体の固定用部品などと布製帯の先端解れ留めは金属製、その他は硬質プラスティック製です。
09_014c.jpg

大きさ:組み立て時31.5cm強×24cm×51.5cm/収納時およそ42cm×42cm×14cm

重さ:本体1.5kg弱(本体附属品とも)/鞄250g強

手入れ:中性洗剤にて水拭き

本体附属品は写真のように取り外せます。但しパラボラ自体は分解できませんので、運搬時にもそれなりに嵩張ります。
09_014d.jpg

丈夫な帆布製の収納用鞄にはファスナつき内ポケットがあり、ここに本体附属品を収納できるようになっています。鞄の口自体もファスナ留めです。鞄の外側は色褪せや染みなどでだいぶ薄汚れた感じになっていますが、内部は綺麗です。生地のへたりやファスナの不具合などもないようです。
09_014e.jpg
posted by 黯ねこ at 17:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント(店主承認後に表示されます)
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。