2009年11月23日

把手つき倹飩蓋小型桐箱 売り切れ

お買い上げありがとうございました

金属製の把手がついた、蓋が上に引き上げる形の小振りの桐箱です。
09_012a.jpg

函は三枚組み接ぎで、竹釘で固定されています。元は陶器か人形辺りを収めていたものではないかと思います。緩み・がたつきもなくしっかりしています。
09_012b.jpg

外装は当たり傷や節抜け孔、虫喰いと思われる凹みなどがあるものの、全体的に綺麗です。
09_012c.jpg

大きさ:およそ16cm弱×16.5cm弱×16.5cm

重さ:およそ300g強

手入れ:石鹸で水洗い自然乾燥の上、荏油拭き上げ

内部は概ね綺麗ですが、底面右奥の隅のみやや黒ずんでいます。把手の取付け部もしっかりしていますし、蓋の開閉も滑らかです。
09_012d.jpg

底面の節が崩れたと思われる孔は内側も空いています。明るい方に向けてみても光は見えませんので、多分貫通はしていないと思われます。
09_012e.jpg
posted by 黯ねこ at 17:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 箱容器類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント(店主承認後に表示されます)
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。