2009年11月19日

小型腕時計文字盤B 売り切れ

お買い上げありがとうございました

恐らく昭和中期頃の、小さな腕時計用文字盤のデッドストック品です。
09_010a.jpg

数字表示は1時間おきで、6時の位置に小さな秒針用の文字盤があり、そこにも細かな目盛りが刻まれています。
09_010b.jpg

裏面は大きい方の孔を中心に同心円状の刻みがありますが、これは恐らく意匠などではなく、加工時についた条痕のようなものでしょう。全面が黒いですが、これが元々の色なのかどうかは判りません。11時と4時半との部分裏側に時計本体へ取り付けるための突起が出ています。
09_010c.jpg

大きさ:およそ2cm×2cm×3mm

重さ:およそ3g

手入れ:石鹸で軽く水洗いの上、乾布押さえにより水気切り

大きい文字盤の方の数字表示及び目盛りは浮き彫りになっていて金色の金属光沢仕上げに、地の部分は白色のマット仕上げになっています。但し全体にだいぶくすんでおり、また左上の縁部分は黒く変色しています。磨くと仕上げが損なわれてしまうでしょうから、敢えて擦り洗いはしていません。秒針用文字盤部分は綺麗です。
09_010d.jpg
posted by 黯ねこ at 19:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機械時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント(店主承認後に表示されます)
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133368254
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。