2009年10月27日

可搬式小型鏡台 売り切れ

お買い上げありがとうございました

恐らく昭和後期頃の、ポータブルの木製小型鏡台です。
09_002a.jpg

天板を手前に引き出して立ち上げると鏡になります。傾斜は2段階になっています。浅いのと深いのと2段抽斗がついていますので、身嗜みを整える際に使うものを入れておくのに便利です。
09_002b.jpg09_002c.jpg

材のがたつき・割れなどはありませんが、ご使用に障りのない程度の細かい傷はあちらこちらにあります。抽斗の抜き挿しも滑らかですが、抜け留めは施されていませんので、持ち運ぶ際に手前に傾け過ぎると抜け落ちる可能性があります。また、抽斗内部底面にはフェルトのような表面加工をした紙が貼りつけてありますが、大きな破れこそないものの一部加工面の剥げや紙自体のめくれ上がりが認められます。
09_002d.jpg09_002e.jpg

大きさ:およそ19.5cm強×20.5cm強×29cm弱

重さ:およそ1.8kg弱

手入れ:重曹で水拭きの上、木部のみ荏油拭き上げ

鏡を抜き挿しする際に、本体天板との間に何か堅いものが挟まっていたのに無理に動かしたのか、鏡面左上部分に目立つ瑕があります。なお、鏡部分は立てた状態で横に廻転させると本体から取り外すことができます。
09_002f.jpg
posted by 黯ねこ at 18:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 什器指物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント(店主承認後に表示されます)
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131328157
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。