2011年12月28日

『その儘使へる繪と實用圖案文字』 売り切れ

お買い上げありがとうございます

昭和初期に関西で活躍していたグラフィックデザイナーと思われる十時柳江氏の手になる、カット図案と図案文字の本です。
11_021a_l.jpg
大正から昭和の初めにかけての数あるグラフィックデザインの中でも、氏は個人的に最も好みの作品群をお描きになっている方の一人なのです。

かなり凝った装幀の本です。扉紙にも硫酸紙が被せてあるなんて、あんまりないのではないかしらん。見返しと遊び紙に使われている紙も、エンボスになった細かい模様の入っている特殊なものです。
11_021b_l.jpg
見返しの柄は円弧のコンポジションなのでしょうが、何となく「インクの出のよくないボールペンの試し書き」を連想してしまいます(笑)。

昭和5年初版です。この年の2円20銭というと、白米10kg買ってお釣りが来るかどうか、というくらいの金額らしいですが、現代とは品物によって割高・割安感がだいぶ違うので貨幣価値を比較するのはなかなか難しいですね。
11_021c_l.jpg
左の方に、小判形の枠の中に「KW(…というより「M」の逆さまのように見えますが…)佐」とあるゴム印が天地逆に捺されていますが、これの意味は判りません。少なくとも著者検印の類いではなさそうですが…。

大きさ:本体およそ22.5cm×15.5cm強×2cm強 口絵2ページ+本文106ページ 外箱およそ23.5cm弱×16.5cm弱×2.5cm弱
重さ:本体およそ560g 外箱およそ70g弱
手入れ:本体・外箱とも外側のみ堅く絞った布で水拭き

実はこの本、扉から奥付に至るまで総てページの表側だけに印刷されていて、裏はいずれも真ッ更です。それ故、ページ数の割には分厚いのです。切り抜いて「その儘使へる」ようにした、という主旨なのかしらん…でも実際には薄い紙を当ててトレスしたり、手本として見ながら別に描いたりされる方が大半だったのではないかと思います。そうでないと、一度使った部分は続々なくなってしまいますからねぇ…現代のように気軽にコピーしたりスキャニングしたりする手段は、当時は何ひとつなかったのですから。

>>追加情報(内容について/傷みなどについて)
posted by 黯ねこ at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

永昌源杏露酒未開封陶製びん 売り切れ

お買い上げありがとうございました

恐らく1970年代前半頃の、永昌源のリキュール「杏露酒」外箱つき未開封びんです。
11_020a_l.jpg

びんは光沢のある茶色い釉薬のかかった陶製で、容量は750mlとの表示があります。
11_020b_l.jpg

外箱には『ちゅうとぴあ』という標題の小冊子が入っています。
11_020c_l.jpg

大きさ:びん(コルク栓含む)およそ12cm×11.5cm強×17.5cm強 外箱およそ12cm×12cm強×18.5cm弱 小冊子およそ20.5cmm弱×10.5cm強 本文6ページ
重さ:びん(コルク栓含む)およそ1.3kg弱 外箱およそ100g強 小冊子およそ10g弱
手入れ:びん食器用石鹸で水洗い自然乾燥の上乾拭き 外箱水拭き

>>追加情報(傷みなどについて/附属小冊子+びんラベルについて)
posted by 黯ねこ at 18:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中身入り容器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

小型絵葉書用アルバムB 売り切れ

お買い上げありがとうございました

恐らく昭和初期以前に作られたと思われる、絵葉書用の小さなアルバムです。
11_019a_l.jpg
箔押しされた満月に鈴蘭の柄がなかなか可愛らしいです。

2つ折りの極厚口の黒い台紙を糸でかがってあります。
11_019b_l.jpg

先日掲載したアルバムAには剥がし痕だけがあったラベルが裏見返しに綺麗に残っています。
11_019c_l.jpg
意匠や体裁からしても、同じところで作られたものなのでしょう。

大きさ:およそ18.5cm弱×13cm強×4cm強
重さ:およそ320g強
手入れ:表紙水拭き・製本用糊で一部破損箇所補修

>>追加情報(表紙等について/傷みについて)
posted by 黯ねこ at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

『改正増補物理小學』卷之一 800円

明治期に広く使われていた、イギリスの物理学者B.Stewart博士の著書『Physics』邦訳教科書3冊組の第1巻明治15年再版です。
11_018a_l.jpg
残念ながら題簽は失われています。「士氏」というのは勿論「Stewart氏」のこと。恐らく中国語読み由来なのでしょうが、「士都華」氏と宛て字されていたようです…こりゃちょっと読めませんね、現代人には(笑)。

「凡例」と題された巻頭序文に邦訳の事情などが書かれています。
11_018b_l.jpg
初版が出たのは明治11年のようです。

巻末には奥付がありません。恐らく、第3巻にはあるのだろうと思います。
11_018c_l.jpg目次は全巻分が載っています。明治時代の分冊ものにはこういう形式のものが時々見られます。

大きさ:およそ23cm×15cm×1cm強 序文1丁+目次6丁+本文54丁
重さ:およそ120g弱

>>追加情報(内容について/傷みについて)
posted by 黯ねこ at 18:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『農學校用植物生理學教科書』 売り切れ

お買い上げありがとうございました

明治44年に著された、甲種農学校(高等小卒程度の14歳以上が進む3年または4年制の農業学校)用の植物生理学教科書です。
11_017a_l.jpg
要するに、植物一般がどのように代謝したり繁殖したりしているのかを説いているわけですね。

美しい細密銅版画の自然科学系図版で(個人的に)定評のある、博文館のハードカバー本です。
11_017b_l.jpg
活字の書体も美しく、印刷も極めて鮮明です。

大正8年再版です。
11_017c_l.jpg
検印紙の精緻なデザインがまた素晴らしいです。2著者連名の検印も面白い。

大きさ:およそ22.5cm弱×15.5cm弱×1.5cm弱 序文2ページ+目次4ページ+本文128ページ
重さ:およそ280g強
手入れ:表紙のみ固く絞った布で水拭き+背の一部製本用糊で補修

>>追加情報(内容について/傷みについて)
posted by 黯ねこ at 17:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

小型絵葉書用アルバムA 売り切れ

お買い上げありがとうございました

昭和初期以前の、絵葉書を収める小さめのアルバムです。
11_016a_l.jpg

表紙に箔押しされた、図案化したチューリップの柄が可愛らしいです。
11_016b_l.jpg

表紙は布装丸背上製で、台紙は50枚綴りです。
11_016c_l.jpg

大きさ:およそ18.5cm弱×13cm強×4.5cm
重さ:およそ320g強
手入れ:表紙水拭き・製本用糊で一部破損箇所補修

>>追加情報(台紙について/傷みについて)
posted by 黯ねこ at 18:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

地下の資源 鉱物・岩石標本 63種 5500円

地下資源63種を蒐めた、昭和40年代の教材用標本です。
11_015a_l.jpg

外箱や仕切りは厚手の板紙製で、粉末等の標本を除いては脱脂綿の上に直接収められています。
11_015b_l.jpg
蓋の裏側に「TOKYO」とあるだけで製造元は書かれていません。

紛失したり、収納場所が元のところと変わっていたりしているものはないようです。
11_015c_l.jpg

大きさ:およそ32cm弱×25cm×3cm強
重さ:およそ1.2kg弱
手入れ:外箱(蓋のみ内外とも)水拭き

>>追加情報(標本情報について/破損等について)
posted by 黯ねこ at 18:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。