2009年12月21日

竹製水切り笊 売り切れ

お買い上げありがとうございました

伝統的な手法で作られた、細く削った竹を編んだやや古い円形の水切り笊です。恐らく国産品だと思いますが、確証はありません。
09_018a.jpg

目立った破損や汚れなどもなく、全体的に良い状態だと思います。叮嚀に編み込まれた目が美しい模様を描いています。
09_018b.jpg

やや大きめですが、何しろ軽くて丈夫です。ご使用後にきちんと洗って乾かし、黴が生えたりしないようにしていただければ、これからも長いこと活躍してくれそうです。
09_018c.jpg

大きさ:およそ28cm×28cm×10cm

重さ:およそ100g弱

手入れ:食器用石鹸で水洗い自然乾燥

posted by 黯ねこ at 18:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

ガラス製リムつき円底試験管(中) 150円

口の部分がやや肉厚になった、底の円いガラス製試験管のデッドストック品です。
09_017a.jpg

少なくとも肉眼で見る限りは、目立った傷や汚れなどもなく綺麗です。
09_017b.jpg

口の有効内径はおよそ17mmほどです。耐熱性があるかどうかは不明ですが、少なくとも表示は何もありません。
09_017c.jpg

大きさ:およそ2cm×2cm×18cm弱

重さ:およそ16g強

手入れ:重曹で水洗い自然乾燥

posted by 黯ねこ at 16:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学医療器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

白菜形取り鉢 売り切れ

お買い上げありがとうございました

白菜を象った、持ち手つきの陶器製取り鉢です。
09_016a.jpg

呑水のようにもお使いになれますし、玉杓子を置くのにもお誂え向きの形で、鍋物の季節には特に活躍しそうな器です。只、白菜の茎を表現している細い溝が割と深いため、お召し上がりの後に食器が乾いてしまうまで抛っておかれる習慣のある方には不向きだろうと思います。杓子置きの場合は予め少し水を入れておいた方が、汚れがこびりつき難いかも知れません。
09_016b.jpg

水滴のような形の糸底は指がかけ易く、手に馴染みます。全体に滑らかな釉薬がかかっていますので、擦り洗いすれば綺麗にはなります。
09_016c.jpg

大きさ:およそ16.5cm強×11.5cm強×4cm強

重さ:およそ240g弱

手入れ:食器用磨き粉で水洗い食器乾燥機乾燥・糸底のみ紙やすりがけ

posted by 黯ねこ at 18:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

寸胴形蓋つき琺瑯引きカン 売り切れ

お買い上げありがとうございました

鮮やかな青色の琺瑯を被せた、蓋つきの鉄製罐です。糠漬けなどに使われていたものでしょうか。
09_015a.jpg

肉厚で頑丈な造りの容器です。その分重みもあります。蓋は載っているだけですので、密封せねばならないものの保存には向きません。胴の内部有効寸法は直径およそ26cm強、深さおよそ27cmです。
09_015b.jpg

全体に小さい錆び傷やくすみが見られますが、古いものにしてはまぁまぁの状態ではないかと思います。強度的には全く問題ありません。内部にも錆止め油を塗ってありますので、一度洗ってからお使いください。
09_015c.jpg

大きさ:およそ31.5cm強×29.5cm強×32.5cm強

重さ:およそ2.2kg強

手入れ:食器用石鹸で水洗い自然乾燥の上、刃物用錆止め油拭き上げ

>>追加情報(錆び傷について)
posted by 黯ねこ at 16:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 箱容器類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

組み立て式パラボラ型集音器 売り切れ

お買い上げありがとうございました

昭和50年代頃の、野外で特定の音を録音する時などにマイクロフォンに取り付けて使うためのソニー製音響器材です。
09_014a.jpg

お椀型の中央部分から突き出ているところに、マイクロフォンを向こう向きに挟み込んで使います。挟む部分の有効内径はおよそ15mmほどありますので、最近の小さいIC録音機ならば取付けできるのではないでしょうか。
09_014b.jpg

附属品として、録音時に手で持つための滑り留めつき把手と、床置き用の脚、それから吊り下げ用の帯、そして収納用の専用布製鞄があります。剥がしたラベルの糊残りや全体に亙る細かい傷などはありますが、亀裂や割れなどもなくご使用には全く問題ないかと思います。本体の固定用部品などと布製帯の先端解れ留めは金属製、その他は硬質プラスティック製です。
09_014c.jpg

大きさ:組み立て時31.5cm強×24cm×51.5cm/収納時およそ42cm×42cm×14cm

重さ:本体1.5kg弱(本体附属品とも)/鞄250g強

手入れ:中性洗剤にて水拭き

>>追加情報(附属品について)
posted by 黯ねこ at 17:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。